お使いのInternet Explorer6では表示が崩れます

TOPICS

2015年05月27日 地盤環境技術研究センター西田道夫氏の提言

平成22年4月「土壌汚染対策法の一部を改正する法律」の施行より5年が経過、「自然由来土壌汚染への対策」や
「形質変更時要届出区域内の工事」において負担が増加し、片や土対法の政策である「汚染状況の把握」が
進まない現状を踏まえ、西田氏は新たな「汚染土地の管理方法」や「基準の設定方法」の必要性を説いている。

詳細はPDFをご覧ください。→

No.51 150526 改正土対法施行後の課題 土壌汚染によるリスク区分

---